タトゥー除去はレーザー治療で負担が激減|縛りのないフリーな人生

ウーマン

肌を傷つけない美容医療

タトゥーの入った女性

現在、美容医療の分野ではさまざまな形でレーザー治療が行われています。レーザーはごく決まった場所に集中的にエネルギーを照射することができるため、これまではメスを使って大量の出血を伴いながらでなければできなかった治療も、身体への負担を最小限にとどめながら行うことができるようになっています。タトゥーの除去もそうしたレーザーによる美容医療の1つです。以前なら皮膚を剥がしたり削ったりしなければ消すことができなかったタトゥーですが、レーザーの普及によってより低侵襲の治療が可能になっています。ただ注意が必要なのは、レーザー治療の場合タトゥーのタイプ次第では複数回の施術が必要になるケースがあることです。傷跡が残ってもいいから少しでも早く取り除きたいという場合は従来の手術で、より肌を傷めない形の施術ならばレーザーで、という使い分けが推奨されます。縛りのないフリーな人生に戻りましょう。

医療用レーザーには特定の色素にのみ反応するという特性があり、シミ治療などはこれを利用しています。タトゥー除去の場合も同様で、墨の入っている細胞にエネルギーを集中させることでその部分だけを破壊したのち、新陳代謝によって新しい、きれいな細胞に生まれ変わらせるというのが基本的な原理です。タトゥーの入っている面積があまりに広かったり使っている色の種類が多かったりする場合には、レーザー治療はあまり向きません。しかし黒1色で比較的小さなタトゥーであれば、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。また最近では複数の色に対して効果の出せるレーザーも開発されています。今後の技術革新によってはさらに適用範囲が広がっていくものと予測されます。

部分痩せの美容整形

足

脂肪吸引は、脂肪細胞を体内から排除するダイエット系の美容整形手術です。セルフダイエットでは難しい部分痩せが出来ます。ベイザー波を使う最新のベイザー脂肪吸引では、短時間の手術で大量の脂肪を除去できます。

» 詳細

切らない脂肪吸引

微笑む女性

ゼルティックは切らないで脂肪吸引することができる施術方法です。脂肪吸引と比べると痛みやダウンタイムがなく、痩せにくい場所でも施術することが出来るというのがメリットです。また、場所によって専用のアプリケーターを使用している病院やクリニックを選ぶと確実に効果が実感できます。

» 詳細

脂肪細胞を除去

足

ウルトラアクセントでは、細胞膜を破壊することで脂肪細胞を液状にして、2〜3週間で体外に排出させることができます。体に傷をつけることなく、脂肪細胞を除去できるのです。脂肪細胞が多く、硬い層になっている場合でも、施術を重ねることで徐々に体を細くしていくことができます。また、リバウンドの心配もありません。

» 詳細