タトゥー除去はレーザー治療で負担が激減|最新鋭の設備で消し去る

レディー

脂肪細胞を除去

足

ウルトラアクセントとは、超音波や高周波によって脂肪細胞を包んでいる細胞膜を破壊し、リンパの流れに乗せるという施術です。細胞膜が破壊されることで、脂肪細胞は形の維持ができなくなり、溶けて液状となります。液状となった脂肪は、リンパに混ざっていき、老廃物と一緒に流されていきます。そしてやがては尿や便として、体から出ていくことになるのです。脂肪細胞が排出されるわけですから、ウルトラアクセントの施術によって、体は細くなります。脂肪吸引もまた、体から脂肪細胞を除去できる施術ですが、メスやカニューレを使うので、施術部位には傷が残ります。ところが超音波や高周波を使うウルトラアクセントの場合は、肌が傷つくことがありません。そのためウルトラアクセントは、切らない脂肪吸引として話題となっています。

細胞膜を失った脂肪細胞は、ゆっくりとリンパに混ざっていきます。そしてそのリンパも、体内をゆっくりと流れていくので、脂肪細胞が体外に排出されるようになるまで、およそ2〜3週間かかります。また、1回の施術でも痩身効果が出てくることがありますが、多くの脂肪細胞が固まって層となっている場合は、3〜4回ほどの施術が必要となります。施術を重ねていくことで、徐々に脂肪細胞の層が柔らかくなり、リンパに混ざりやすくなっていくのです。さらに、ウルトラアクセントはリバウンドをしないことでも注目されています。リバウンドとは、ダイエットで小さくなった脂肪細胞が、再び膨らんで体が太ってしまうことです。ウルトラアクセントでは、脂肪細胞そのものが体から除去されるので、再び膨らむということはありません。そのため施術後は、体の細さが維持されることになります。